HOME>オススメ情報>しあわせの幸せのおすそ分け【内祝いとは】

しあわせの幸せのおすそ分け【内祝いとは】

内祝い

お返しだけじゃない!内祝いの本当の意味

現代では礼儀作法の一環として、お祝いを下さった相手に贈る内祝いは、実はもともとお返しの意味で送る物ではありませんでした。お祝いがあった家が親しい友人や近所、身内と幸せを分かち合う為に送る物を指し、お祝いを送っていない人ももらえる物です。単純なお返しとは一線を画す贈り物として珍重されていますが、現代では両方の違いを知らないという人も少なくありません。お祝いを贈ったときにお返しとして差し上げる物が「お返し」、お祝いをもらっていなくても相手と喜びを分かち合いたいからプレゼントするのが「内祝い」です。礼儀作法として覚えておくことで、誰かのお祝いの時や、自分の出産をはじめとしたお祝いの時に行動しやすくなるでしょう。

祝儀と風呂敷

遠方の人に内祝いを贈る方法

手渡しをしたほうが幸せを分かち合えると考える人も少なくありませんが、遠いところに住んでいる人はそうは行きません。あまり頻繁に行き来できる距離ではない人に内祝いを渡す場合には、郵送・宅配便がもっとも正確なやり方といえるでしょう。送る時にはマナーに従い、相手に失礼の内容に贈ることが重要といわれ、特にお祝いの種類にあわせて贈っていい期間が異なります。結婚祝いの場合には1ヶ月以内、出産祝いをはじめとした入学や新旧祝いの場合には1ヶ月から2ヶ月がいいという説が一般的です。ただし、病気の快気祝いの内祝いの場合には、退院して10日から1ヶ月以内には送ったほうが良いといわれている為、あまり待たせないようにしましょう。