>クチコミ>内祝いの金額は相手によって異なる?それぞれの費用相場

内祝いの金額は相手によって異なる?それぞれの費用相場

婦人

レビュー

両親への内祝いは安くても心を込めて選びました(30代|女性)

両親から、たくさんのお祝い金を貰いました。内祝いはいらないからと言って渡してくれましたが、何も渡さないわけにはいかないので、金額は高くなくても、心のこもったもの選ぶようにしました。結婚祝いの内祝なので、両親にも、更に末永く幸せに暮らしてほしいとの気持ちを込めて、夫婦茶碗と湯のみのセットにしました。気を使わなくてもいいのにと言いながらも、とても喜んでくれたので嬉しかったです。他の人の内祝いは、洋菓子の詰め合わせなど、形に残らないものを選びましたが、両親には、形に残るものを贈って正解でした。結婚して、これからは全て自分でお返しなども考えなければならないのだと、嫁いだことを改めて実感した出来事でした。

上司には現金は贈ってはいけないそうなのでカタログギフトにしました!(20代|男性)

上司や同僚から、子供の出産祝いを貰いました。同僚には、現金を贈ったのですが、目上の人に現金を贈るのは失礼にあたると聞いたため、悩んだ末、カタログギフトを選びました。上司には、小さなお子さんもいるため、子供が好きそうな商品が載っているカタログを選びました。上司はとても喜んでくれ、子どもが好きな洋菓子のセットを注文してくれたとのことです。今までは、妻が内祝いなどを決めてくれていましたが、今回は妻が育児で忙しく、自分でやることになりました。しきたりなど、わからないことがたくさんあったので、妻任せにするのではなく、社会人のマナーとして、もっと勉強しなければいけないと実感しました。カタログギフトは、どんなとシチュエーションにも贈れるので便利でした。