自律神経失調症は安息が大事|バランスを意識しよう

病院

免疫細胞を使ったがん治療

女の人

免疫を使った治療の特徴

免疫治療とは、患者さん自身の免疫細胞を体外に取り出し、体外で増殖させ、改めてがん細胞や異物を認識させてか体内に戻し、免疫力を増加させるといった方法を使用した第4のがん治療とも呼ばれる治療法です。この免疫治療に使用される免疫細胞としては、NK細胞や樹状細胞やガンマ・デルダT細胞やアルファ・ベータT細胞などが挙げられており、それぞれに違った方法で免疫力の向上に繋げます。これらの方法は、患者さん自身の免疫細胞を使って行われる治療であるため、人によって軽度のアレルギー反応が起こる事以外は、特に大きな副作用が出たという事は見られていないと言われる患者さんの体への負担がかからないがん治療だと言えます。また、免疫治療は他のがん治療との併用により、相乗効果が得られます。

メリットやデメリットとは

免疫治療は第4のがん治療として効果が期待されている治療法ですが、メリットや注意点がある事を知っておく必要があります。免疫治療のメリットとしては、進行がん・転移がんの両方に効果的である治療法であり、がんが治る可能性の最も高い治療法であると言われています。更に、他の三大療法のがん治療とも併用が可能であり、抗がん剤の副作用を軽減させるという嬉しい効果も発揮します。しかし、治療費が高額になる可能性もあります。なので、加入している保険会社や医師に相談するとよいでしょう。免疫治療を導入している医療機関は、全国各地にあります。メールや電話で免疫治療について相談に乗ってくれるところもあるので、不安に感じる点がある場合は、そのようなサービスを利用してみましょう。