自律神経失調症は安息が大事|バランスを意識しよう

病院

積極的に受診を

病棟

検診しやすい環境が理由

乳がん検診は近年受診率が高まりつつあります。女性にとって発生率が高いがんとして乳がんが上位につけていることもその理由と言えます。また、会社や地域の検診では乳がん検診や子宮がん検診も推奨していて、費用の一部を負担してくれる場合もあります。また、診てもらうときに女性が嫌な思いをしないように、女性のスタッフや医師が対応していると事前に告知しているところもあり、選択肢が豊富な点も検診をするハードルが低くなっている要因と言えます。早期に発見されれば完治率もかなり高くなります。進行してからでは胸を切除する必要があったり、生命の危機にさらされる場合もあります。最低でも2年に1度は乳がん検診を受けたいものです。

受診者が増加するでしょう

乳がん検診にはマンモグラフィー検査とエコー検査のふたつの種類があります。同時にふたつを受けるのではなく、どちらかを選択して行います。乳腺が多い30代までの女性はマンモグラフィーでは乳がんを発見しにくい場合もあるのでエコーがおすすめです。しかし、40代を過ぎたら毎年交互に検査をすると乳がんを見逃すリスクは少なくなるのでおすすめです。胸が小さい人でマンモグラフィー検査ができるのか心配する人もいますが問題ありません。近年ではテレビや地域の情報誌などでも積極的に乳がん検診の大切さを伝えています。金銭面での負担も少ないことや、初期の段階で発見されることの重要さを認識できる環境にあるので、乳がん検診を受ける女性は今後更に増えると予想されます。